神奈川県茅ヶ崎市の便利屋【岡田屋】遺品整理・不用品回収・ゴミ屋敷清掃・便利屋事業 | 遺品整理の大変な理由

遺品整理の大変な理由

2022年09月05日(月)


夏も本番で暑い日々が続いておりますが、皆様体調はいかがでしょうか?
お盆も過ぎてお墓参りに行かれた方も、多くいらっしゃると思いますので、皆様口を揃えて言われる「遺品整理が大変だった」という事について、遺品整理士が理由についてお話し出来たらと思います。

遺品整理について

まずは遺品整理についてご説明を出来たらと思います。
遺品整理とは、文字通り故人様の遺品を整理する事です。
実家の家具や家電といった生活用品から、衣類・日用品・アルバムなどの想い出の品などの仕分けなど、必要に応じて処分が必要となります。
また遺品の中でも相続する物の仕分けも必要となっております。
ものすごく簡単にいうと膨大な時間がかかると共に、体力的な労力も多くかかり大変な作業となります。
大変といわれる理由として4つありまして、

①体力的な負担が多い

大変な理由として挙げられることが多いのは、大型家具や家電などの処分などの 体力的な負担が1番多い理由として挙げられます。
皆様、最初はご自身で作業をしようと考えられますが、大変な労力がかかってしまうケースが多いです。
また、そもそも遠方に住んでいるので、土日にしか来れなくて大量の遺品を整理してクタクタになって月曜日を迎えてしまうなどの体力面での負担が非常に多くございます。

②遺品整理作業の確保

遺品整理には、想像以上に時間がかかってしまいます。
遺品の仕分け、処分、必要な手続き、供養など必要なことが多く御座います。
上記の作業を、遠方に住んでおり、なかなか帰る事が出来ないので難しいケースや、故人が賃貸で一人暮らしをされている場合などは、家賃がかかってくることから早く退去手続きをしたいけど、遺品の整理が間に合わないので困ってしまうケースなども多くあります。
上記はあくまで例となりますが、近所に住んでいたとしても大きな負担がかかってしまうケースが非常に多いです。

③精神的な負担

3つ目に精神的な負担が掛かってしまうケースも御座います。
心の整理が出来ていないケースでは、遺品整理作業に向き合うことが負担になってしまい、心に大きな負荷がかかってしまいますので、検討をされた方が良いケースが多く御座います。
大変なタイミングで上記に記載させていただいたように、「体力的な負担」「作業時間の確保」といった負担の多い作業が重なってしまうと大変になってしまいます。
また、突然亡くなってしまった際は、心の準備が出来ていない状態になってしまいます。
そういった事情から、遺品整理士にお任せいただくことが非常に多くございます。

④親族での相続トラブル

基本的には少ないですが、遺産の相続に伴って、親族でのトラブルになるケースもあったりします。
遺書があったり、親族内でしっかりと話せていたらいいですが、バタバタしておりなかなか話しあう機会もないまま、遺品整理をしないといけない状況もあります。
故人が、資産家のケースや、逆に負債を抱えていたりする場合も、遺産や相続を巡ってトラブルになるケースも御座います。

遺品整理が大変と言われる要因

上記の4点から、遺品整理が大変と言われる要因となっております。
私も「遺品整理士」として数多くの現場に立ち会ってきた経験から、正直にお話しさせていただくと、やはり遺品整理のプロにご依頼をしていただく事をおすすめしています。
岡田屋では、湘南エリアを中心に関東全域、日本全国からのご依頼を「遺品整理士」が受けています。
知られていないことも多いですが、遺品整理には「遺品整理士」という遺品整理士認定協会が発行している資格があります。
業者の中には、悪徳業者もいますので、資格を持っているのかの確認をしていただくのをオススメしたいと思います。
私たちも豊富な経験を活かしてお客様1人1人に合わせた最適なプランの提案から、迅速かつ丁寧な作業まで行っておりますので、是非お気軽にご相談ください。
皆様からのお問い合わせを、本店・藤沢店共にお待ちしております。

  |